いわしと寸?オます

妻も娘もドSです

【第1回】短編小説の集い に参加してみて思ったことと印象に残った作品

 

先日こんなものを見つけたので、面白そうだなと思い参加してみました。

 


【第1回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い「のべらっくす」

 

 


【第0回】短編小説の集い 投稿作品一覧 - 短編小説の集い「のべらっくす」

 

第0回の時に多くの人が投稿した作品を見てとても興味深かったのと、前々から小説を書いてみたいと思っていたので、次に開催されるのを待ち望んでいました。

ところが読者になるのをすっかり忘れていたので募集の通知を見つけた時は締切日まで残り3日だったので焦りました。

最初の一行を書いてから先の文が全然浮かばないので、一時は早々に諦めようかと思いましたが何とか最後まで書き上げる事が出来ました。書き始めると楽しくなってきて、筆も進むようになるものなんですね。

超短編ですがここまでちゃんと小説と呼べるもの(呼べるのか?)を書いたのは初めてなので、今見直すと何とも稚拙な文章に自分で赤面しています。

例えるなら夜に書いた恋文を朝見返した時のアレです。

みなさま、お恥ずかしいものをお見せしてすびばせんでした。

 

 

 

 

すべての作品を読ませていただいて、特に印象に残った作品をテーマ別に紹介します。

 

 

テーマA『ハロウィン・ホラー』

 


ダグラ 【第1回】短編小説の集い (A: ホラー) - 思惟ノート

 

 

短編小説っぽく無い異質な感じで、伝承や神話の様な話を淡々と語っている。

物凄い才能を感じた。

骨子がしっかりとしていて細部にまで描写が行き渡っているので文章に厚みがあり、説得力が増している。実際に何処かの村でこんな神話が本当にあるのではないかと思ってしまう程。

想像力を生み出す根幹を覗いてみたい。鬼才現る、ですね。

 

 


原初より連なり満ち満ちる執着 【第1回】短編小説の集い (B: 写真) - 思惟ノート

 

テーマB『写真』にも投稿していて、こちらの作品もまた素晴らしい仕上がり。文章を読んでいると映像が頭に浮かんできます。

ソラニン」みたいなイメージで映画化したら面白そうだな、なんて思いました。


映画「ソラニン」公式サイト

 

 カルキ水さんは第0回の時も2作品投稿していて、ものすごいバイタリティを感じました。

 

 

 

 

 

テーマB『写真』

 


『ツナガル』 ~【第1回】短編小説の集い(B:写真) - バンビのあくび

 

えこさんの作品。

ネタバレだが、写真の中から夫と息子を見守る母の視点で書かれている物語。

最後の方になるに連れて母が実体を持たない存在だという事がわかるのが上手い作り方だな、と思いました。

親子の愛情あふれるとても優しい物語。感動しました。

父親目線読んでいて、カズはお父さんなんだから早く起きてシュウの為に朝ごはん作ってあげてーなんて思ってしまいました。

 

 

 

 

 

最後になってしまいましたが主催者のぜろすけさん、素敵な企画をありがとうございました。とても良い経験になりました。

天才現る!みたいなイメージで颯爽と登場したかったので、挨拶も自己紹介も無いまま作品だけ投稿してしまいました事、この場をお借りしてお詫びいたします。

すびばせんでした。後悔たっぷりで顔真っ赤っかです今。

 

そして参加者の皆様お疲れ様でした、楽しかったですね。

またお会い出来るのを楽しみにしています。

それでは皆さん、アデュー!

広告を非表示にする