いわしと寸?オます

妻も娘もドSです

悲しんでいる人に対してどうしてあげるのが一番良いのかを考えてみた

会社にいる中国人の後輩の姿が最近見えないと思ったら、彼の奥さんが妊娠8ヶ月で流産してしまったらしい。
だから故郷で産むために中国に帰っていた奥さんの所に会いに行っているのだという事を社内の噂話で聞いた。

妊娠8ヶ月か。
もうすぐ産まれるという時に流産。
ショックは相当大きいだろうな。
帰ってきた時にどういう言葉をかけてあげれば良いのだろうか?

残念だったな。とか
奥さんは心だけじゃなく身体も喪失感があるんだからな。もっと辛いだろうから、お前がしっかり支えてやれよ。とか

こんな言葉しか思い浮かばない。
はたしてこんな陳腐な言葉が慰みになるとも思えない。
こういう時、我々はとても無力だ。


こういう場面だけではなく、何かのっぴきならない出来事があって相当なショックを受けている人にかけてあげられる言葉を、我々はほとんど持っていない。
ではどうしたら良いのだろうか。



「どうしてあげたいか」ではなく、「相手がどうしてもらいたいか」を考えるのが大切なんじゃないか、という結論に至った。


こんな時自分だったら、と想像すると、優しい言葉なんてかけられたら泣いてしまう。
上司や同僚たちの前では絶対にそんな姿は見せたくない。
下手に同情されても、関係無いお前らに何がわかるというのだ、なんて思うだろう。
私だったらこんな時は何も言わずに放っておいて欲しい。冷たい対応かもしれないがそれが一番助かる。

ただこういった反応は自分が上司だった場合は好ましくない。
上司ならなにか一言でもかけてあげなければならないから大変だ。

私はまだ先輩という立場なのでそっとしておく事にした。
今後もし彼がそれについて話したかったら聞いて慰めてあげようと思うのであった。

広告を非表示にする